当たり前のことですが、ある程度のお金がなければ逆援助はできません。
だって、すごく単純な言い方をすれば、出会い系サイトを利用して知り合った男性に貢ぐのが逆援助のやり方でしょう。
何を貢ぐのかというのは、逆援助を行うカップルの考えによっても異なるでしょうが、基本的に多いのはやはり金銭のやり取りです。

私が驚いたのは、自分が別に逆援助交際というものを目的に出会い系サイトを利用しているわけではなくても、サイトを利用して知り合った女性から依頼される形で、逆援助交際というものに手を染める可能性があるということです。
要は、逆援助交際というものを望んでいる女性と知り合い、その女性に気にいられれば自分だって逆援助交際というものをスタートさせる可能性があるということです。
そういう可能性は誰にだってあります、実際、私にだってそういう経験がありました。

私は逆援助交際というものを想定して出会い系サイトを利用していたわけではないのですが、一応セフレ目当てで出会い系サイトを利用していたことは認めます。
世の中には「セフレ」という特殊な男女関係についてあまりよく思わないという人が大勢いますので、こういう関係を求められる場所といえば出会い系サイトくらいしかなくて、出会い系サイトというものがセフレとの出会いのために用いられているという部分があるからこそ、出会い系サイトというものが良くないサイトであるかのように言われてしまうことが非常に多いのです。

そもそも、セフレとの出会いを求めることが悪いことなのかというと、そういう考え方からしてまず私は疑問です。
セフレを募集しているということが悪いことなら、私はそもそも出会い系サイトというものを利用していません。
わざわざ出会い系サイトを利用して悪いことをしようというつもりはないのです。
本人たちが納得しているのであれば、別に出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを希望するくらい悪いことではないと思います。

セフレとの出会いを求めていて、その中で逆援助希望の人妻と出会うということも、別に悪いことではないと思うのです。
出会い系サイトを利用していると人間関係のトラブルに巻き込まれることが多いといって出会い系サイトを否定する人がいますが、別に出会い系サイトを利用していなくても人間関係のトラブルに巻き込まれることがあるということは変わりませんし、セフレとの出会いを募集したからといってそれだけで人間関係のトラブルに巻き込まれるというわけでもないのです。

実際、私が出会った人妻はごく普通の人でした。
ごく普通の人というか、私にはとても素敵な人だと思えました。
だからこそお付き合いしたいと思ったのです。
その人が変な人だったというようなことは絶対にありません。
ただ、彼女が逆援助希望の人妻であるということは、最初のうちは全然聞かされなかったので、ある程度彼女と親密な関係になってからその話を聞かされた時は驚きましたけどね。
でももともと私はセフレとの出会いを求めて出会い系サイトを利用していたわけなので、人妻との関係が結局は不倫の関係になるということを知っても、じゃあ彼女とお付き合いすることはやめようかという気分にはならなかったのです。

逆援助という言葉はもちろん知っていました。
けれども、実際に私がそういうお付き合いを求められるようになるなんて、全く想像すらしていなかったので、どういうふうに答えたらいいかわからないというのも事実でした。
本当にそんな男女関係があるのかと疑っていましたし、そもそも私はサクラのコトバに騙されているのではないかとも思いました。
けれども私は、決して騙されているわけではなかったのです。

彼女はどうしても欲求不満を抱えていて、旦那との関係が悪くなる一方なので、出会い系サイトを利用して不倫をするくらいしか憂さ晴らしの方法がないというところまで思い詰めているようでした。
そういう事情を抱えていない限り、結婚しているのにわざわざ出会い系サイトを利用して不倫をしようという気分にはならないでしょう。
不倫をすること自体、すごくリスクがあることですし、もっと極端なことを言ってしまえば、不倫をしたからといって必ずしも幸せになれるとは限らないわけです。
そういうことも全部ひっくるめてそれでも男を金で買いたいと考えたからこそ、彼女は出会い系サイトを利用し始めたのでしょう。

出会い系サイトを利用し始めてから、彼女はいろいろな男性とメールのやり取りをして、お金を支払ってまでお付き合いする価値がある男はどんなタイプか、そんな男が果たして本当に出会い系サイトにいるのかということを徹底的に品定めしたそうです。
そしてどういうわけか、私が彼女のお眼鏡にかなったそうでした。
今後、彼女とのお付き合いを続けていく中で、ひょっとしたら「やっぱりあなたでは満足できない」といわれてしまう可能性もありますし、逆援助というかたちで金銭のやり取りがずっと続くかどうかは分かりません。
今のところは、極端な言い方をするなら「お小遣い挙げるから、わたしを満足させて」というようなことを、私が人妻から依頼されているような状態なのです。

私が人妻のことを本気で好きになれるかどうかは分かりません。
もしかしたら本当に、人妻を満足させるために機械的にセックスだけをするような関係に終わるかもしれませんが、もしかしたら私が本気で相手のことを好きになってしまう可能性だってあるわけです。
逆援助希望の女性は経済的に余裕がある場合が多いですが、お金のやり取りだけが必ずしもすべてではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です