このアプリにいる女はキャッシュバッカーばっかりで、嫌になるというコメントを見つけたのですが、キャッシュバッカーとは、具体的にどういう意味なのでしょうか?

先日、出会い系アプリ仲間の知り合いからこのような質問を受けました。彼はどうやら、出会い系サイトや出会いアプリを利用してみることについて興味はあるものの、出会い系アプリは特に種類が多すぎて、どのようなアプリを選べば素敵な出会いのチャンスがゲットできる確率が高まるのかということが、今ひとつよく分からなくて、困っているのだそうです。

出会い系サイトや出会いアプリを利用してみようという人なら、こういったサイトやアプリには当たりはずれがあるということは普通に知っていると思います。当たりはずれがあるというのはつまり、利用者にとって利益になる、利用する価値のある優良サイトと、こんなサイトやアプリは利用してみたところで一線の利益にもならず、単なる時間の無駄だというひどい悪徳サイトがあるということです。

アプリの中にも優良なものと悪徳なものがあるということを知っているなら、自分は優良なアプリをきちんと選んで登録したいと考えるのは当然のことです。特に初心者の方は、果たしてどのアプリが優良で度のアプリが悪徳なものなのかということがなかなかわかりにくいとは思いますが(残念ながら、こればっかりは、ある程度悪徳なサイトの存在になれた人ですら、判断に迷ってしまうことがあるのです)そんな場合であっても、優良な出会いアプリを選ぶ手段として、例えばユーザーのレビューを参考にするという方法が考えられると思います。

ユーザーのレビューを参考にするからこそ、その中に「キャッシュバッカー」とかいう言葉があれば気になるわけです。すでに出会い系サイトや出会いアプリを利用して、ある程度そういうのになれた火度だったら、キャッシュバッカーという言葉の意味も普通に分かるだろうと思います。

キャッシュバッカーというのはつまり、主に「出会いを真剣に求めるつもりはないけれども、なんとなく暇つぶしのために出会い系サイトを利用しているという女性会員のことを指す場合が多いですね。キャッシュバッカーは、厳密な意味で悪徳サイトの運営者が派遣してくるサクラとは意味が違うのですが、それでも、自分の利用しているサイトが間違いなく有名なものであろうが、キャッシュバッカーに出会ってしまったら、サクラの詐欺に巻き込まれているときと同じように時間をムダにしてしまうのです(関連記事→出会系アプリ セフレ)。

キャッシュバッカーとは、メールのやり取りだけなら一般の会員と同じような感覚でできるので、あまりに親密な内容でのやり取りが続くと、この子はひょっとして俺に気があるのではないか、などと言った悲劇的な誤解を生むきっかけになってしまいます。

男性のほうがいくら乗り気になっても、キャッシュバッカーには真剣な出会いを求めるつもりなどないわけですから、例えば男性の側が「そろそろいいだろう」と考えて勇気を振り絞ってデートに誘ったりしても、結局はことごとく断られ、これでは自分がサクラとコミュニケーションをとっているのと何も変わらないだろうというむなしさを痛感するわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です