こう考えている私は、特に自分の考え方をおかしいものだとは思いません。おそらく、世界中の人が同じような考え方を持っているのではないでしょうか。女性のことは分からない部分もあるのですが、それほど大差があるとは思えません。要は、誰かとセックスしまくりたいと思っても、それを表に出すか出さないかという問題なのだと思います。

確かに、人間関係の問題はそれほどシンプルではありませんから、自分が誰かとセックスをしまくりたいと思ったところで、その願望が本当に実現できるかどうかは分かりません。普通に考えて、実現できない場合のほうがやっぱり多いでしょう。もしも、だれかがセックスしたいと思ったときにいつでもセックスしても構わないような世の中だったら、町中のいたるところでたくさんの男女がセックスしまくっていると思います。いくら出会い系サイトという便利なものがあったとしても、世の中はそこまで自由な感じにはなっていません。

特にセフレとの出会いを希望する場合は、できるだけ性欲の強い人と会いたいと思うものです。というかむしろ、性欲の強い人、それを自分の力だけでは処理できていない人、が出会い系サイトを利用してセフレを募集したいと考えるようになるのかなと思います。私としては、誰ともセックスしたくないと考えるよりも、とにかく誰でもいいからセックスしまくりたいと考えるほうがよっぽど健康的だと思うのですが。

出会い系サイトを利用してセフレを募集する場合は、決してがむしゃらな気持ちになってはダメです。確かに出会い系サイトというものは、せふれを募集するためにはもってこいのサイトだといわれていて、そういう側面があるからこそ、セフレとの出会いを希望している人がたくさん集まってきますし、また、せふれを募集する人たちで出会い系サイトがいっぱいになってしまっているという現状があって、出会い系サイトそのものが多くの人から批判されるという原因にもなっています。

出会い系サイトというものの存在ならよく知っていても、それを実際に利用してみたことがあるかどうかというのはまた別の問題です。いくらたくさんの人がサイトを利用しているということを知っていても、自分は絶対に使いたくないという人はいるでしょうし、そういう考え方を持つ人が間違っているわけではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です